歯周病 よくあるご質問

歯周病と歯槽膿漏は同じですか?
はい。同じ病気です。
歯ぐきが腫れているのですが、歯周病ですか?
歯周病の可能性は高いですが、歯の破折などでも同じように歯ぐきが腫れてくることがあります。
歯周病は人に感染しますか?
唾液を介して感染します。特に家族内での感染が多いです。
歯磨きをすると血が出るのですが、磨かない方がいいですか?
歯周病に罹っていると歯ぐきが腫れて出血しやすくなっているため、適切に磨いても血が出ることがあります。
出血を心配してブラッシングを避けると、より歯周病が進行してしまいますので、しっかりと歯ブラシをすることは必要です。
当院にて患者さん一人一人に合った歯ブラシの磨き方の練習をすることが出来ます。
定期健診はどれくらいの間隔でうければ良いですか?
歯周病や虫歯に対するかかりやすさは一人一人違いますが、3〜4ケ月に一度が良いです。
歯周病が進むとどうなるのですか?
歯を支えている骨(歯槽骨)が破壊されていってしまいます。
歯周病は歯ぐきの病気と思われていますが、実は骨の病気です。
歯周病とタバコは関係ありますか?
関係があります。喫煙は歯周病の一番のリスクファクター(増悪因子)と言われています。
ぜひ禁煙を検討されたほうが良いかと思います。
歯周病は遺伝ですか?
遺伝的な要因もあります。
しかし歯周病のうちのほとんどは中高年から始まる後天的なものです。
年をとると歯周病になるのは仕方ないのですか?
歯周病の原因は細菌です。
年齢を重ねてもしっかりとメンテナンスをしていれば予防することができます。
歯周病の治療は保険の範囲でできますか?
保険の範囲で行えます。
歯を支えている骨や周囲組織を再生させる再生療法は保険外の治療となります。
歯石をとればいいのですか?
歯石は原因菌の温床となるので取り除く必要はあります。
歯周病は何歳くらいから気をつければよいですか?
歯周病は基本的に症状がない病気なので、ある程度進行しないと自覚できません。
歯がグラグラするなどの症状が出てくるのは40代以降が多くみられますが、
20代、30代から歯周病の初期症状が認められる方は沢山いらっしゃいます。
早期治療のほうが短期間に治療が終了しますので、まずは検査をお勧めします。
歯周病の治療はどんな治療ですか?
まずは原因となる細菌の除去です。
ご自身での歯ブラシが非常に重要ですので練習をしていただきます。
また専門的に歯の周囲のクリーニングを行っていきます。
最終的には細菌が溜まりにくい環境作りを目指していきます。 歯周病の治療はどうしても期間が必要です。
検査をさせていただいてからご説明いたします。
口臭があるのですが、歯周病が原因ですか?
口臭の原因には歯周病や虫歯などの歯が原因のものもありますが、舌の上で繁殖した細菌や、胃などの消化器系が原因のこともあります。
まずは歯に原因がないかどうか診査していきます。
歯磨きを頑張れば歯周病は治りますか?
歯周病治療において歯磨きは一番重要なものといえますが、
ある程度進行してしまった歯周病は歯磨きだけで治りません。
専門的な治療が必要となります。
一度破壊されてしまった骨は基本的に元には戻りません。
歯周病が進行するまえに気づいて治療することが一番重要です。
歯周病になりやすい食べ物はあるのでしょうか?
栄養バランスがとれていれば食べ物によって進行の程度は変わらないかと思います。
それよりも食べた後や、寝る前の歯磨きが重要です。
歯周病になりやすいタイプの人はいるのでしょうか?
歯周病に罹りやすい人はいます。
遺伝的な問題の可能性もありますが、まず歯ブラシなど生活習慣を改善する必要があります。
以前に歯石をとったら歯がしみだしたのですが・・・
歯周病治療を行うと腫れていた歯ぐきが落ち着いていきますが、それに伴い歯ぐきの位置が下がり歯の根が露出してきます。
その際に知覚過敏(冷たいものがしみる)の症状が出ることがあります。そのほとんどは一時的なもので徐々に落ち着いていきます。
歯周病の専門医の治療は費用も高いのですか?
特別高いということはありません。
基本的に保険の範囲での治療となります。


施術メニュー

エムドゲイン再生療法

歯周病治療について

診療曜日カレンダー

診療時間
9:30~13:30
14:30~18:30
18:30~20:00

休診日:日曜・祝日
★:土曜日午後は14:30~17:00

とりすデンタルクリニック アクセス

荒川警察署となり

都電荒川線 「荒川区役所前駅」徒歩2分
日比谷線  「三ノ輪駅」徒歩8分
JR常磐線  「三河島駅」徒歩10分